研究会プログラム

8月18日(水)

チュートリアル講演

13:45〜16:00

「ハミルトン系のカオス入門」  小西 哲郎 (名大 理)

16:00〜16:30

休憩(30分)

16:30〜18:45

「電磁流体力学とダイナモ」  吉澤 徴 (東大名誉教授)

電磁流体力学の基本的事項、解析方法(数値計算および理論を流体力学と対比 して述べる)、電磁流体乱流の典型的事象としてダイナモを解説する。

8月19日(木)

特別講演およびポスターセッション

9:20〜9:30

はじめに

9:30〜10:40

「大気圧放電プラズマの環境への応用とバイオへの応用の試み」

  水野 彰 (豊橋技術科学大)

10:40〜11:50

「帯電微粒子のダイナミックスと統計」  庄司 多津男 (名大 工)

11:50〜13:00

昼食(70分)

13:00〜15:00

ポスターセッション

(発表者は、ポスターの前で説明・討論して下さい。ポスターは午前中から研究会終了まで第2会議室に展示しておいて下さい。)

15:00〜16:10

「溶液中における溶質分子の振動量子動力学の計算機シミュレーション」  岡崎 進 (分子研)

16:10〜17:20

「地球磁気圏の磁気リコネクション」  荻野 竜樹 (名大 STE研) 

17:30〜19:20

懇親会 (核融合研レストラン)

8月20日(金)

特別講演

9:30〜10:40

「PVDプラズマの可視化計測最前線
−マグネトロンスパッタリングおよびレーザーアブレーション−」

  佐々木 浩一 (名大 工)

10:40〜11:50

「zonal flowの諸問題(仮題)」  伊藤 公孝 (核融合研)

11:50〜12:10

まとめ
13:30〜
研究所見学 (希望者のみ)